Greeting History List Care Holiday Link Member ▲TOP
   オーラルケア Yatsushiro Dental Association 2020 ©  19000
2020 やつしろ歯の祭典 令和2年5月30日(土) 19000
やつしろハーモニーホール(10:00〜15:00)
八代歯科医師会口腔保健センター(10:00〜15:00)
氷川町文化センター(13:30〜16:00)
 「鼻呼吸こそ天然のマスク」専門家に聞く口腔ケア  ▲top

1584366050.png 462 x 334 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/591045/
↑↑
西日本新聞の記事にこういうのがありました。

口の中の細菌の酵素がウイルスの細胞内への侵入を助けるので

朝起きて口の中をきれいにすること=「歯磨き」
すると、口や舌に刺激を与えて唾液の分泌を促して
自然に鼻呼吸につながって・・・

新型コロナにもインフルエンザその他風邪対策のノウハウ
口腔ケアの重要性が効果があるはずです!

「あいうべー体操」で鼻呼吸を!

 ウイルスが細胞の中に入るのを歯周病菌が助けます  ▲top

1583664754.jpg 397 x 85 





↓↓
http://www.jda.or.jp/tv/96.html

インフルエンザに関してはすでにこの動画の通り
口腔ケアのエビデンスがあることがわかっています。

(大阪大学歯学部
 天野敦雄 教授)

コロナウイルスももともと風邪のウイルスなんで、
新型ウイルスにも同様なことは言えるのではないかと推察します。

セルフケアはもちろん大事。
プロフェッショナルケアを定期的に受けることはもっと大事。

ウイルスが細胞の中に入るのに
歯周病菌の酵素が助けてしまいます。

プロフェッショナルケアを週に一回すると
悪玉の歯周病菌は増えないというエビデンスがあります。

https://lin.ee/zXM5T0H
八代歯科医師会公式ライン 

に登録いただきますと
歯と口の健康情報をお伝えします。

 風邪関連ウイルスには口腔ケアが有効  ▲top

1583664829.jpg 291 x 123 







https://note.com/dr_nishida/n/ndcbf63eca486
↑↑
インフルエンザや新型コロナなど、ウイルス対策は
「まずお口をきれいにする」ことから始めましょう。
歯科医院でのプロフェッショナルケアは大事です。

https://lin.ee/zXM5T0H
八代歯科医師会公式ライン

 八代の子供たちの第1大臼歯を守りましょう(^^♪  ▲top

1501314775.png 539 x 444 






















 八代市では、法定の1歳6か月児歯科健診、3歳児歯科健診に加えて、2歳児歯科健診も行っています(含保健指導)。

 にもかかわらず、1歳6か月の時点では、県平均よりむし歯本数は少ないのに、3歳児で県平均と並ぶか上回ってしまっています。
 さらに、4歳以上になると、さらに県平均との差が大きくなっていき、12歳児では歴然とした差になります(年々減少傾向ではあるものの・・・)。
 その原因は?
いろいろあるのでしょうが、一つには・・・
保育園、幼稚園での集団フッ化物洗口実施率が県(67.4%)下で最も低い現状(31.5%)にあることが影響しているのではないかと思われるところがあります。

 フッ化物洗口は、ブクブクうがいができる園児なら可能です。しかも、かみ合わせに一番大切な、第1大臼歯は、早い園児は、4歳半くらいから生え始めます。
 ちょうどその時期にむし歯予防の一つとして多くの園児に応用することが大事になります。
 八代は、そこで、熊本県の他地域にすでに後れをとっているということかもしれません。

 八代地域の小中学校は、平成26年からフッ化物洗口、ほぼ実施率100%になりました。まだ、2年ほどの実践ですので、その効果は数字上表れにくいかということもあります。
 しかし、就学以前の園での洗口実施率はこのようにまだ低い現状にあるのです。

 近年、12歳児のむし歯数、全国一位をずっと続けている新潟県でのデータをみると、園から小中フッ化物洗口実施の人と 小中のみ実施の人の、31歳時のむし歯数を比較した場合に、5本以上も違うというデータもあります。

 やはり、第1大臼歯はかみ合わせの中心で、この重要な歯の萌出時、その後のむし歯予防が、生涯に影響していくものと思われます。
 その歯が生え始める、4、5歳児のフッ化物洗口は、むし歯予防として有効な手段であると思います。

 フッ素は、まったく害がないものとは言い切れません。しかし、濃度と用法さえ誤らなければ、とても有効なむし歯予防の手段になります。

 小中学校でも、あくまで希望者に対して行っています。しない自由も奪われません。フッ素の入っていない水でみんなと一緒にブクブクうがいをしていただいています。
 園の場合は、あくまでブクブクうがいのできる園児に対してです。
 その方法は、フッ化物洗口マニュアル2017年3月八代市版
http://www.yda8020.com/pdf/FM2903_Yatsushiro_city.pdf
に書かれている通り、決して難しいものではありません。

 是非、八代の子供たちの大事な第1大臼歯を守るために、みんなで努力しましょう(^^♪

 後期高齢者歯科口腔健康診査  ▲top

1469880165.jpg 455 x 640 8月から開始されます。
歯科医院に電話予約しましょう。
負担金400円で
総合的なお口の健診ができます。

高齢になると
口の中の乾燥
飲み込み機能の変化
内科的、全身的な病気がお口に影響・・
など様々な問題の可能性が出てきます。


できるだけ予防的に
対策をしていくことが大事です!


まず、0965327200
八代市保健センター
あるいは
0965525852
氷川町健康福祉課
に電話して
受診券をもらいましょう!

そのうえで、歯科医院に予約をお願いいたします。


 第27回小学生図画ポスター入選作品展示  ▲top

1466315997.jpg 320 x 240 6/18(土)〜6/24(金)
やつしろハーモニーホール1階に
展示しています。

 誤嚥性肺炎は震災で増加  ▲top

1462928348.jpg 480 x 640 誤嚥性肺炎は東日本大震災(福島県相馬市南相馬市)で増加
(熊日新聞5/9)

 避難所での口腔ケア  ▲top

1461443029.jpg 524 x 640 







































※ ↑チラシは宮ア県歯科医師会作成のものですが
よくできているのでお借りしています


熊本地震は余震の数を漸減していて
やや収束の兆しを見せていますが
八代地域では今なお
日奈久断層日奈久区間あるいは八代海区間を震源に
大きな地震が来るかもしれないという不安が残っています。

避難所や車中泊の生活が続いている方々
特に持病をお持ちの方
エコノミークラス症候群とともに
お口のケアにもお気をつけください。

歯ブラシ等は、八代市 氷川町の係りの職員に
申し出られるとできる限り提供いたします


 八代地域包括ケア市民セミナー  ▲top

1453004356.jpg 320 x 240 〜 住みなれた地域で
自分らしく暮らすために

▼日時:平成28年1月24日(日)
    13:30〜

▼会場:パトリア千丁
【参加料無料】
 リレートークで本会理事 高野歯科クリニックの高野明夫先生が『噛むこと・食べることの重要性』をお話しし、落語家で医学博士の立川らく朝先生が認知症をテーマにした医療落語『合コン老人会』で特別講演されました!

↓ 高野先生のリレートークでのスライドです。
keynoteでスライド
powerpointでスライド




要介護状態や通院が困難な場合にも
『噛むこと・食べること』を維持するためには歯科訪問診療(往診)が必要です。
関連団体は連携しています。それらも含めたお話でした。
大雪の中ご来場ありがとうございました


 2015やつしろ歯の祭典直前情報♪  ▲top

1433347645.jpg 427 x 611 2015
やつしろ歯の祭典♪

PDF:A4チラシダウンロード

6月5日(金)
八代市全域の
熊日新聞朝刊に折込まれました♪
(購読3世帯に1世帯くらい?)

こんなふうに(^-^)

訪問歯科相談
コーナー


が新設されます♪

コーナーの場所は
入り口から入って、右奥角の位置で
口臭測定(午後のみ)コーナーと
隣接しています。
下記に図を示します。↓



ハーモニーホール会場図フルサイズで見る  氷川町公民館情報です↓


氷川町の情報は
氷川町のウェブサイトにあります。

来場者全員にひかりんバッジプレゼント♪

★「お口の健康川柳」★


その他、訪問歯科・介護関連のいろいろなご質問にも対応します〜♪
2015氷川町歯の祭典A4チラシダウンロード

KOROBO©